ぶっちゃけ脱毛する事で起きる副作用はあるの?その時の正しい対処法とは?

女性にとって脱毛する事は、肌を清潔に保つ為に必要なエチケットでもありますし、より肌を美しく見せる為には欠かせない美容法です。

 

どんな手段を使って脱毛するかは人それぞれですが、自宅で空いた時間にセルフ脱毛器や剃刀を使って自己処理する人、エステサロンやクリニックに通って脱毛士や医師の施術を受ける人に大きく分かれるでしょう。

 

ただどちらの方法を選択するにしても、個々の肌質にもよりますが一時的な副作用は少なからずあるので、この点をきちんと踏まえた上で施術する事をお勧めします。

 

まず自己処理する事で起きやすい副作用は、毛穴が大きく開く事による肌の黒ずみや埋没毛です。

 

自己処理で使う脱毛手段には、どうしても刃先が鋭い毛抜きや剃刀は細かい毛を抜くのに欠かせないものであり、最初は丁寧に仕上げてても次第に雑になる人も少なくありません。

 

そんな時に角質を誤って傷付けてしまいがちになるので、本来肌を守っていたバリア機能が崩れて、外気や雑菌の侵入で毛穴が乾燥しやすくなり、周囲の皮膚がガチガチに硬くなって黒ずみを起こしてしまいます。

 

又、埋没毛を除去しようとして一生懸命毛抜きを使って引っこ抜く行為も更に肌にダメージを与える行為にあたるので、このような副作用に備えた対処法も知っておかないといけません。

 

ですから自己処理した後は、黒ずみケアに対応している保湿クリームやクエン酸パックなどで、きちんと肌を保湿したり引き締めするケアをおろそかにしないようにしましょう。

 

一方で脱毛サロンやクリニックで施術を受けた時に発生しやすい副作用は、シクシクとした痒みや高い温度の光で照射した事で起きる火照ったような炎症です。

 

いずれの症状もごく一時的なものですが、早く改善・治癒させるには自己処理と同様に万全な保湿ケアと

 

通気性の良い衣服を着て肌を清潔に保つ事に尽きます。

 

このように脱毛後のホームケアを正しく理解しておけば、自己処理での脱毛やエステ脱毛も副作用が最小限で済むので、自身の肌を優しくいたわる為にも覚えておきましょう。